導入事例

WAOCON 様

2020年4月

従業員30名以下/広告代理店

メンバーのつながりアップ/RUFTアプリ

少数精鋭の広告代理店として、おもわず「ワオ!」と唸る提案を、飲食店、販売業、フランチャイズ、一般法人向けに、WEB制作、SNSマーケティング等を通じて幅広く行っている株式会社WAOCONに、エンゲージメント向上アプリRUFTの利用について、導入責任者である山下さんにお伺いしました。

お話し頂いた方

株式会社WAOCON

ディレクター 山下さん

グループワークが多いので簡単なチャットを探していました。

ーWAOCONという社名、おしゃれですね。

山下:弊社は、渋谷にある広告代理店として媒体を活用する提案を行っています。代表の大川が「ワォ!」と唸る提案をするというところから命名しました。技術力を持つフリーランスのクリエイターたちを活用して、他にはできないWEB制作、マーケティング提案を行っています。少人数ながら、大手の広告代理店と同じメニューをそろえていることが特徴で、WEBに限らず、インフルエンサーを利用したイベント開催、動画制作、パンフレット制作と何でも行います。自分は案件単位で、クライアントの要望を聞きながら、デザイナーに的確な指示を与えるディレクターという仕事を行っていますが、フリーランスや社外の人との連絡業務が多く、チャットやSNSを利用して連絡を取ってプロジェクトを進めています。

ーなぜRUFTのアプリを使うようになったのですか。

山下:チャットのアプリはたくさんあり、LINEやSlackを使うことも多いのです。例えば、パソコンではSlack、スマホでLINEというケースです。スマホは個人のスマホで、LINEを使うケースが多いです。セキュリティの観点から、法人用のLINE Worksの利用を検討しましたが、個人利用でLINEを無料で使っている人に、弊社の業務用だけに有料版を利用してもらうことは抵抗がありました。RUFTは、RUFT IDという固有のIDを使うと、登録するだけで閉じた人たちとコミュニティグループを作ることができます。この点が利用のきっかけです。

ー利用者はどのように増えましたか。

山下:初めは、テレワーク中の社内のメンバーだけで試してみました。無料期間でいろいろ使っていると、社員間のコミュニケーションに関する様々な仕掛けが入っていることに気がつきました。社内メンバーとの連絡、フリーランスメンバーとの連絡に、絆をもっと深めて、一体感を出したいと考えていましたので、フリーランスメンバーの方へ利用を促していきました。

月額900円でコミュニケーションアップするなら十分ペイします。

ー利用料金の負担はないですか。

山下:社員はそれほどの人数ではないので、月額900円はあまり気になりませんでした。フリーランスメンバーに広めていく過程で、900円の負担を会社負担とするか、メンバー負担にするか議論がでました。結局、それ以上に生産性が上がって、売上や注文が増えればいいのでは、というところに落ち着きました。今は、会社負担にしています。

ー利用者はどのように利用していますか。

山下:案件ごとにグループを登録して、グループメンバー間のコミュニケーションに利用しています。グループリーダーから日々の業務連絡、進捗確認、アクション確認を行っています。RUFTは、「今日のひと言」というリーダーからメッセージをメンバーに発信できる機能があります。業務連絡というよりは、マインドの話ですが、「今日の目標は、何々です。」と具体的な活動設定ができるので、メリハリが聞いた1日を送れるようになりました。またテレワークの日々ですので、体調の変化もなかなか把握できないこともありましたが、「今日の気分」を使うとこの点も便利になりました。月額900円、1日なら40~50円ですが、それでメンバーの気持ちがリラックスして、クリエイティブな仕事ができるならいいと考えています。

エンゲージメント向上にも役立つといいですね。

ーRUFTは、エンゲージメント向上アプリと言われています。その点はどうですか。

山下:実は、弊社はアプリの利用から入ったので、エンゲージメントの観点はこれからです。RUFTからエンゲージメント調査の提案を受けて、一度実施したいと考えています。もともとメンバーのつながりを向上させたいと考えておりましたので、コミュニケーションツールとして利用を開始しましたが、エンゲージメントについてもしっかり勉強して、RUFTアプリの効果を確かめたいと思います。

ー最後にRUFTアプリを利用されて、注意点やメッセージはありますか。

山下:このようなツールは日々進化していると思います。どれがいいかは、悩みながら進んでいます。単なるコミュニケーションツールの枠を超えて、アプリの力で、メンバーのマインドアップが実現できるなら、こんなに素晴らしいことはないと思います。まずは、試してみる、使っているうちに、味がでてくるアプリです。

ー本日は、ありがとうございました。

上部へ

Scroll Up